Posted in 2期外科治療

8月1日
もう8月。
病院での生活が日常化しつつある・・・やな日常化だ。
お尻がただれて痛いので皮膚科を受診。
先生に酷い状況であると言われ、縫合不全が完治するまで治療のしようが無いとも言われる。
それでも治療薬の塗り薬とかゆみ止めの飲み薬を処方してもらえた。
この塗り薬に炎症を抑える作用があるのか、お尻の痛みやかゆみが少しだけ楽になった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。