Posted in 2期外科治療

8月6日
ついに退院の日。
入院期間一ヶ月と半月、予定よりも1ヶ月も長い入院でした。
先生が来て、お腹から管を出していた場所に不良肉芽があるので切り取るか焼きましょうって話しだったのが
肉芽が引っ込んだので外来で様子見となる。
9時ごろに迎えが来て退院準備。お世話になった先生や看護師にあいさつし、10時に入院費を払って退院。
帰りに昼ごはんを食べて帰宅。
庭の芝の萌える緑を眺めながら・・・やはり自宅はいいなぁと・・・。

また今回の手術入院費用など参考までに。
保険適応前で約220万円。
健康保険で支払の換算をすると約66万円(高額療養費制度があるので基本的にはもう少し安くなります)
特定疾患の認定を受けているので個人の負担は約4万円でした。
これまで払った健康保険料がそろそろチャラになっただろうか・・・。

今から数ヶ月はトイレとおむつから離れられない生活を送らなければなりません。
外出するのが不安になりますが、それでも早く平常を取り戻すために(気持ちが比較的重要らしいです)
積極的に外へ出て行こうと思います。
それと今後、回腸嚢炎やイレウス等の手術後の合併症が起こる可能性があります。
これはなかなか回避が難しいのですが、症状が出た場合はすぐにでも病院へ行こうと思います。

これで、発症~内科的治療~1期外科手術~2期外科手術まで約1年のことを記してきました。
潰瘍性大腸炎のことを知らない方に知ってもらい、潰瘍性大腸炎にかかってしまった人には参考にとはいきませんが1例として読んでもらえば幸です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。