Posted in 外来

8月28日
内視鏡検査で午後から病院。
昼食だけは軽くしといてねと主治医に言われたが、昨晩から絶食。いや、便が残っているとイヤだから(笑)
検査の前に浣腸。当然食べてないので何も出ない。もう浣腸はやらなくていいよ・・・。
待合室で30分くらい待たされ検査室へ呼ばれる。
横になり、カメラを尻から挿入・・・カメラが映し出す映像を見れば小腸のJポーチ内は出血もなければ荒れも無いとても良い常態。主治医が心配していた小腸からの出血ではない事が分かりちょっとホットする。
ならばどこから出血しているかと調べてみれば残存直腸が赤くなり炎症を起している様がモニターに映し出される。酷い箇所があるとのことで直腸の一部を電気で焼くことに・・・太ももに電極を付けられ直腸内でバチバチ!!痛いのかと思ったらこれが全く痛くなく2、3分で治療は終了。焼いたところは見事に火傷状態。しかしこれで出血が止まると思えば安いものである。これで検査は終了、長い時間内視鏡を入れていたので尻が痛くなった。
次回は31日に主治医の診察。病院通いが続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。