Posted in ストマ造設入院

10月30日
朝から教授回診で主治医が来る。
漏れ出しているろう孔に細い管を入れ、器械で陰圧をかけて穴をふさぐ治療をするとの話し。
内視鏡にて尻の穴から入れてろう孔へということらしい。2,3週間は管を入れっぱなし、週単位での治療になるということ。
大便をするときに大丈夫か聞いたが問題なし、しかしこれで不便は増えそうだ。
午前中に、先日入れられなかったCVカテーテルの挿入の施術。先日とは違う医師。
1ヶ所失敗したが無事に成功。とは言ってもあまり生活するのに良い場所とはいえない顔に近い位置に管がきてしまった。
施術直後は麻酔で痛みもあまりなかったが1時間もすると頭痛を含めた強い痛み。
まずロキソニンを1錠飲み、それでも痛いので医師の指導でもう1錠飲み、それでも痛かったので強い痛み止めを点滴。
これが実は麻薬成分が入ったもので痛み止めとしても良く効くが、気分も良くなる魔法の薬(笑)おかげで2時間くらいはヘブン状態。癖になる。
首の傷がうずくので睡眠導入剤を使って就寝。
発熱なし、尻の痛みはほとんどなし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。